活動報告

7 / 15« 先頭...56789...最後 »

11月例会「弁護士國吉朋子のロック魂~行列はいらない、欲しいのは自由~」開催

2014/12/03

恒例の昼例会を、11月10日、セレスティンホテルのレストランで行いました。
今回のメインの講演は、港支部会員の國吉朋子氏(國吉法律事務所)。港支部のエンターティメントが語るということで、案内するや否や満席となる盛況ぶり。テーマは「弁護士國吉朋子のロック魂~行列はいらない、欲しいのは自由~」として、語っていただきました。
子どもの頃の話に始まり青春期、そして、社会人となり、初期に所属した法律事務所の話。それらを通して見えてきたのは「自由への逃走」。そして、独立して10年、経営者となった國吉氏がいま思う「自由」とは何か、また、今後について大いに語りました。

11月例会111月例会2

10月例会、新会員の(株)アイエスエフネットライフさん会議室にて開催

2014/11/10

10月28日、港支部の新しい会員の株式会社アイエスエフネットライフさんの広々とした会議室を借りて、10月例会を行いました。報告者は、南部協議会議長の山崎敦久氏。株式会社山崎商会の代表取締役社長として、品川支部の会員であり、他に役職としては、ヤマダ電機グループ株式会社マツヤデンキFC管理部長を兼任しています。
92年、バブル崩壊で赤字に転落した実家の家電店に就職。93年に同友会・品川支部に入会し、経営の勉強をします。
単独経営の限界からマツヤデンキのフランチャイズに加盟しました。ところが、2003年、そのマツヤデンキがまさかの倒産。
その後、山崎さんが、自社と仲間のフランチャイズ加盟店を守るため、どのように行動したのかを聞きました。
この日は、初参加の新しい会員が多く参加し、名刺交換に花が咲きました。また、港支部恒例の会員章贈呈を行いました。

P1010486_sP1010490_sP1010494_s

第21回東京経営研究集会のプレ企画を行いました。

2014/09/26

9月22日、港支部の例会という位置づけで、第21回東京経営研究集会(11月6日)(港支部・メディアミックス研究会設営)のプレ企画を行いました。よりよい分科会にするために、予行演習として行われました。参加者は27名。ほぼ満席となりました。

タイトルは、「中小企業コラボレーションの可能性を探る」。
有形新製品の研究・開発を行うコラボ・無形新サービスの開発と商圏拡大を行うコラボ。二つの事例を通して、中小企業のコラボレーションの可能性に迫ります。
報告者は、1.瀬戸龍太郎 氏  (株)ジー・ビー(豊島支部)と島史路氏 (株)類設計室(大田支部)、2.飛松弦氏 (株)ディーゴ(目黒支部)と岡田稔氏 (株)久田見製作所(港支部)そして、コーディネーターは星出光俊氏、新井・小口・星出法律事務所(渋谷支部)いずれも青年部のメンバーなので、若々しいフレッシュな例会になりました。

FullSizeRenderFullSizeRender 2

恒例のシリーズ「私の履歴書」開催

2014/09/01

8月25日、港区商工会館において、恒例のシリーズ「私の履歴書」を開催しました。
このシリーズは、新しい会員さんを歓迎する目的で、じっくりと自己紹介をしてもらうものです。
今回の報告は、
1.泉克文氏 泉特許事務所 代表「発明・知識の本質を追求する」
2.澤田勉氏 (株)ライフィ 代表取締役「パーソナルライフマネジメントとして」
3.大樂剛生氏 (有)大楽デザインスタジオ 部長「デザインのプロフェッショナル集団」
生い立ちから同友会入会のきっかけまで、いずれもユニークな視点で語られました。
また、まだ会員ではない経営者も何名か参加。交流が進む中で、当日のうちに入会宣言も飛び出しました。新しい会員さん同士、交流が深まる催しとなりました。

P1010127ssP1010128ssP1010129ss

経営情報交換・昼食交流会 開催

2014/07/25

7月4日 セレスティンホテルにて、「経営情報交換・昼食交流会」を行いました。
今回の基調報告は「港区の産業振興施策について」と題し、港区産業・地域振興支援部 産業振興課の佐々木課長と大浦さんにお話をいただきました。港区では、経営相談・融資・補助金・事業支援など中小企業向けの様々な産業施策を展開されています。しかし、経営者は日々の忙しさで有益な情報を経営に十分に活かしきれていない場合もあります。同友会では、今までも施策ついて説明会をし、有効活用している会員がいます。
また、後半では、新しく入会された会員への会員章の贈呈、そして、全参加者から企業紹介をしてもらい、交流が深まりました。

大浦さん話全体風景会員章の贈呈

都心協議会(千代田支部、中央区支部、港支部の3支部の協議会)開催

2014/06/26

6月24日、日本印刷会館で、都心協議会(千代田支部、中央区支部、港支部の3支部の協議会)が行われました。
記念講演は、神奈川同友会の会員、岡野美紀子さん((株)栄港建設 専務取締役)。
建築業界一筋のお父さんの影響を受けて1984年に入社。人手不足、バブル崩壊、耐震強度偽装問題など長い不況の影響で業績は低迷していました。そんな中、同友会で経営指針を作成し、経営を見直しました。現在、動物病院のためのトータルデザインチーム「アヘッド」や女性建築家・デザイナーが女性のための建築を考えるプロジェクトチーム「WHAIS(ワイズ)」など複数のプロジェクトを設立・運営。
講演中、プロジェクターで女性たちが手掛けたおしゃれで合理的な建物を紹介され、参加者は感心していました。グループ討論は、女性活用をテーマに、和やかな意見交換がされました。

140626_1140626_2140626_3

5月例会「営業と社長業の関係」を開催

2014/05/28

5月20日、東京中小企業家同友会港支部の5月例会を村山憲一郎氏((株)東洋インフォネット 代表取締役)を報告者に迎え、例会「営業と社長業の関係」を港商工会館で行いました。
この例会は、通常の経営体験の例会と違い、立正大学経営学部で行われる経営総合特論の予行練習という位置づけで行いました。
東京中小企業家同友会と立正大学との交流の歴史は古く、1985年の同友会大田支部例会に立正大学教員が参加したことから始まりました。1995年から開講された「経営総合特論」では、毎年、同友会会員が学生の前で自らの経営体験を語るという取り組みを続けています。毎回200名以上の学生が聴講をしており、港支部では他支部との連携活動の一環として、毎年講師を派遣しています。
港支部では、聴講する学生の学びが深くなるように、例会として予行練習を行い、参加者のみなさんから意見をもらっています。この日も、村山さんの報告に対し、率直な意見が述べられました。

P5200007P5200004P5200013

7 / 22« 先頭...56789...20...最後 »